top of page
技能実習を行う建設現場の様子

建設現場に
ミャンマー人技能実習生を

​ミャンマー人材受入れの趣旨

ご挨拶

私たちは、ミャンマー人技能実習生受入している企業が集まって2017年に組合を立ち上げました。

2014年から現地へ赴き、ミャンマー人の人柄に「古き良き日本人」と通じるものを感じたことがきっかけです。

技能実習生がミャンマーへ帰国した時に幸せになることができるような実習に取り組み、

ミャンマー人も企業も相互発展できる事業の実現を目指して、皆様と共に歩んでまいります。

​ミャンマー人材の長期間就労実現に向けて

​手厚いサポートを保証します

DSC_4399.JPG
DSC_8713.JPG

技能実習生受入事業(監理団体)

受入企業担当者及び技能実習生と毎月1回以上面談

適正な技能実習履行をサポート

技能実習制度は、途上国への技術移転を目的とした国際人材育成貢献事業です。技能実習生を3年間、最大5年間雇用することができます。

毎月訪問またはオンラインによる面談を実施することで、技能実習生を手厚くフォローし、失踪を防止します。

技能実習制度は複雑なため、知らぬ間に法令違反となるケースがあります。当監理責任者に加え、専門知識を有した外部監査人、特別顧問が貴社へアドバイスさせていただき、貴社の企業防衛の一助となります。

​当監理団体下で優良に技能実習生受入事業を実施していただくと、最長5年間の受入れが可能になります。

特定技能外国人支援事業(登録支援機関)

技能実習からの移行により計10年の勤続を推奨

若者が勤めたいと思える職場環境を目指す

特定技能外国人制度は、外国人を現場で雇用することができる制度です。

5年間雇用することができ、条件により更に延長して雇用できます。

定技能外国人を雇用しても、すぐに辞められてしまうケースが後を絶たちません。理由は、待遇や職場環境に魅力を感じてもらえないからです。それは日本人の募集が上手くいかない要因でもあります

技能実習生受入事業によって信頼関係を構築したミャンマーの若者を、その後更に5年間雇用するプランを推奨し、当組合の下で技能実習生から受け入れられた場合は、特別料金をご用意します。

当監理団体の技能実習の特色

技能実習生の採用・日本語指導

入国後講習

​各種イベント・文化教育

技能実習生の採用・面接

技能実習生の現地面接は、書類選考、筆記試験、監理団体による1次選考があり、選ばれたものの中から受入企業に面接を行っていただきます。面接方法は現地とオンラインの2種類があります。

日本語能力試験N4級以上を来日条件に課しています。

来日後は、JLPT N1級を所持し、日本語教育を履修したミャンマー人通訳者が指導します。技能実習3年間でN3級以上の教育を施します。

入国後講習時の防災体験

入国後講習では、日本語の会話に慣れさせることと同時に、日本語の基礎(JLPT N5~4)を復習し、JLPT N3級に合格できるように指導します。

防災教育は、防災士資格をもつ職員の指導の下、防災館で実体験で行います。

法的講習や生活安全講習、日本文化教育も専門家が講師を担当します。

​日本企業で働くための基礎(5S・報連相など)を指導します。

日本文化体験の一環として公共施設見学

季節ごとのイベント(初詣・花見等)を実施しています。ミャンマー人は仏教徒が多く、鎌倉大仏参拝が人気です。

​日本文化教育のイベントについては、防災施設視察や国会や都議会の議会視察等を実施しており、受入企業のご担当者も気軽にご参加いただけます。

​日本語教室に合わせて、和食作り体験を開催し、料理教室や食文化指導も行っています。

お問い合わせ

送信が完了しました。

Subscribe Form

Thanks for subscribing!

bottom of page